PROFILE
ゆるゆるアキレス
Author: ゆるゆるアキレス
やってみて成功したことや失敗したこと等、誰かの参考になれば良いなぁ。
公開フリーソフト情報
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
日々の試行錯誤をメモすると、極一部の人の参考になるはず

ドコモ契約更新のタイミングになったが

ドコモから契約更新のお知らせが来た。
今なら解約しても解約金なし、申し出がなければ自動更新というやつ。

長く使ったからなのか、今まで2年縛りで更新タイミング外の解約金が9500円だったのが、1年縛りで更新タイミング外の解約金が3000円になるとのこと。

spモードをやめてドコモ脱出準備は出来ていますし、この2ヶ月の間に解約すれば解約金が免除になるのなら、MNPで通話格安SIMにするなら今が得なんだけど、1年なら待っても良いかな…と思ってしまった。
0SIMが低速で不安定なのと、やっぱりモバイルルータは面倒ということでドコモから移行も考えていたのですが、MNPで5000円くらい、新規SIM契約で3~4000円かかるのだから、もっと魅力的な新プランを待つべきかなと。

モバイルルータの面倒臭さを我慢するだけで、現状
月額約800円
家族間通話無料
楽天でんわアプリ通話料金30秒10円
SMS1回3円
必要最低限度のネット利用が可能(nuro 0SIM)

ですからね。

0SIM がんばれ
この記事のカテゴリ: スマホ関連 ▲PageTop

AutoHotkeyカテゴリ記事インデックス

多くなってきたのでインデックスを作りました。
この記事はAutoHotkeyカテゴリの最新日時にしています。

AutoHotkeyの導入方法 : インストーラを使わない方法を簡単に解説
やっぱり、IME.ahk を使うことにした
Windows7のタスクスイッチャーを出したままにする : 画面中央で片手で気軽にタスク切り替え
PhotoshopCC2018(2017年10月バージョン)のAltキー関連の不具合
テンキーに、コンマ(,) イコール(=) BackSpace を追加する : NumLockキーの有効活用
動画のシークバーにマウスカーソルを合わせる便利技 : ホイールの左右でシークバーを確実に操作
スクラブズームを After Effects や Animate(Flash) でも使えるようにする : Space+Ctrl+マウスのズーム操作をAEでも
Photoshopのスポイトツールを使いやすくする : ブラシのAltスポイトのように確実に元のツールに戻れるスポイト
意図しないドラッグ移動の防止 : フォルダ表示欄でうっかりドラッグ移動して気付かないと面倒
ポップアップメニューは別AHKにする方が便利 : ポップアップメニューのいろいろな問題が解決
別AHKの実行中確認にSplashImageを使う : 全てAutoHotkey.exeだから困る
マウス位置のビューにフォーカスを移す方法 : 強引で美しくない方法ですが
括弧の入力を便利にするスクリプト : 自動的に括弧内にカーソルを移動、選択範囲を括弧
ウィンドウの移動とサイズ変更を便利にする : どこでもドラッグで移動、テキトーな境界ドラッグでサイズ変更
大文字入力を楽にする案 : 最初の一文字だけ大文字のケースが多いので
マウス位置にタスクマネージャーを呼び出すと便利 : タスクマネージャーをタスク切り替えに利用
タイトルバー以外でもウィンドウをドラッグ移動できると便利
Win + L を含む入力があってもロックを回避する方法
変換キーや無変換キーの長押しチェックとコマンド誤発動の防止 : ワンショットモディファイアの宿命を解決
Clipboard処理の注意点
Win10用加速付きホイールスクロール
Win10でペンタブ快適スクロール : Intuos標準スクロールよりも便利に
AutoHotkeyでキーボードのロック : キーボードの掃除とかに
中ボタンを使わずにリンクを新規タブで開く
加速と慣性付きのマウスホイール
ペンタブレットでも快適スクロール : Intuos標準スクロールよりも便利に
非アクティブのArecX6再生画面を操作できると便利 : 専用リモコンのようなものです
AutoHotkeyでクリップボード履歴ツールを作る : AHKは他のクリップボード系常駐ソフトと相性が悪いので
AutoHotkeyでローマ字の再変換 : IMEをオンにし忘れて入力した文字を無駄にしない
AutoHotkeyの定番スクリプト
AutoHotkeyで、ToolTipの文字サイズを大きくしたい
Photoshopのレイヤー名変更後に自動的にIMEをオフにする : オフにし忘れてツール切替ができないのを防止
何かのキーでドラッグ解除できるようにすると便利かもしれない : ペン操作は離す時にブレやすいから
TAALTの機能がAutoHotkeyに一行追加で出来た : PhotoshopではAlt単独押しを無効にしたいからね
AutoHotkeyで、なんちゃらLockキーをまとめてみた
AutoHotkeyを使用ソフトに応じて設定する
サウンドデバイスの切り替えを1キーで行う : ヘッドホンとスピーカーの切り替えとかに
AHKで、変換/無変換キーを有効活用 : 親指で押せる絶好のモディファイアキー
フランス語などのアクセント記号を1キーで入力(変換)する : キーボードモードの切り替えなんて面倒くさいでしょ
この記事のカテゴリ: AutoHotkey ▲PageTop

AutoHotkeyの導入方法

とても便利なAutoHotkey。その簡単な導入方法を解説します。
普通はインストーラを使うのでしょうが、AutoHotkeyは、AutoHotkey.exeとAutoHotkey.ahkのセットでUSBメモリ上で動作させることも可能なので、インストーラを使わないやり方をおすすめします。

まず、AutoHotkeyを入手します。
https://autohotkey.com/download/
Download AutoHotkey .zip からダウンロード

zipを解凍して、AutoHotkeyU64.exe を 扱いやすい好きなフォルダにコピーして、
AutoHotkey.exe にリネームします。
(今なら、殆どの人が AutoHotkeyU64 で大丈夫だと思いますが、不都合があれば AutoHotkeyU32 を使ってください)

同フォルダに AutoHotkey.ahk を作ります。
テキストエディタを使って、以下の内容をコピペして、
文字コード:Unicode 、ファイル名:AutoHotkey.ahk で保存します。

#NoEnv
SendMode,Input
SetTitleMatchMode,2
#InstallKeybdHook
#UseHook

;グループの定義など


;起動時に実行させたいスクリプト


exit

;ここから下にホットキーの定義
+^!a::
Send,^s
Reload
return


拡張子 ahk を AutoHotkey.exe に関連付けします。
AutoHotkey.ahk に作りたいホットキーを追加して、AutoHotkey.exe を実行すれば使用できます。

PC起動時に自動実行させたいなら、スタートアップフォルダに AutoHotkey.exe のショートカットを作ります。
→スタートアップフォルダの見つけ方

多分、インストーラを使うよりも管理しやすいと思います。
この記事のカテゴリ: AutoHotkey ▲PageTop

モバイルルータを使うことにした

今までずっとWi-Fi運用してきたスマホですが、認証、バーコード取得、クーポン取得、チャージ、メール…等、さすがにちょっと不便なので安いSIMと安いモバイルルータを使ってみることにしました。
毎月、ドコモWi-Fi に300円払っていたのをやめれば料金的にはそれほど損にはならないです。

まず、格安SIMとして選んだのは、nuro の 0SIM です。
使っていないのに払うのが嫌なのでこのプランにしました。
申込みに3665円。毎月500MBまで無料でそれ以降は、100円=100MBで、最高でも1600円まで。
5GB以降はチャージして使うという安心プラン。
ちょっとした認証通信と調べ物くらいにしか使わないのでちょうど良いです。
このSIMプランは高速通信ということらしいですが、他社の低速モードくらいの速度かその半分くらいしか出ません。
あまりにも低速なので無料通信分を超えることはないでしょう。
追加料金を支払うユーザーを増やしたいなら速度を上げないとダメだよね。
将来、普通に使えるSIMを追加した時、この0SIMの使い所は無いかも…

次に、モバイルルータは中古の L-04D を1930円で購入。
本体と電池のみでその他一切無しでしたが、傷も汚れもなくきれいな状態でした。
L04D_0.jpg
これに決めたポイントは、
・小さくて軽い
・安い
・月内通信量の表示がある
・電池の持ちが悪いこと以外は評価が高かった
というあたりです。

取扱説明書がついていなかったけど、ネットで閲覧可能だし、古い人気機種なのでいろいろな情報も満載で良かったのですが、あまりにも古すぎるためか、ファームウェアのアップデートなどのサービスが終了していました。
残念ながら初期状態のファームウェアで使うしかないようです。

L-04Dに決める時、その他にも候補はありました。

Aterm MR04LN
MR04.jpg
本格的にモバイルルータを使うならこのシリーズだと思います。
しかし、価格が高いので、もし通話付き格安SIMでスマホのみを使うことになったら無駄になって残念すぎる。

PIX-MT100
MT100.jpg
モバイルバッテリーを持っているのでこれなら無駄にならないかなと思ったのですが、バッテリーが必要な割にデカいし高い。

将来的に今使っているスマホを買い換えることになるので、いろいろな可能性を考えて、とりあえず安く済ましておこうという感じです。
FeliCa対応デュアルSIMのスマホ(SDカードも使えると良いなぁ)が発売されるかもしれないとか、画期的に小さくて薄いモバイルルータが発売されるかもしれないとか…

SIM申し込みで、3665円
ルータ購入で、1930円
という出費でしたが、
SPモード と docomo Wi-Fi をやめて、
月額ケータイ料金は、804円+通話料になりました。
家族間通話無料なのでかなりお得だと思います。
モバイルルータの充電管理と持ち運びが面倒ですが、まぁ、慣れるかな。

問題は、0SIMがあまりにも使い物にならないかもってところ…
この記事のカテゴリ: スマホ関連 ▲PageTop

docomo spモードを解約

実は、初代XperiaZを今でも大事に使っているのですが、長く使っているのはスマホ本体だけではなく、今でも契約プランが「タイプXi」月額743円なのです。
活動範囲が自宅とコンビニだらけの街中なので、ネットは Wi-Fi だけで使っています。
自宅はフレッツ光なので実質無料のフレッツ・スポットが利用できるのと、
ドコモWi-Fi 月額300円
これで5年くらい何とかやってきました。
料金はこれに
spモード利用料 月額300円
SMS利用料 1回3円
家族以外への通話料
という感じでした。

Wi-Fi のみで運用していると、spモード利用料というのをdocomoメールアドレスの維持だけのために支払うことになり、何か勿体無いと思ったので、これを解約しました。
そろそろ、大手キャリアのメールアドレスが必須という時代でもなくなったかなという判断です。

これで、モバイルデータ通信ができなくなりましたので、ネットはWi-Fi専用、通話とSMSが可能で、家族間通話は無料というスマホになりました。
思い切ってspモード解約したことによって、ずっと心配だった「切っていたモバイルデータ通信が機器の不具合とかで勝手に繋がって高額請求」という恐怖から開放されました。
(一回だけプラン変更という救済措置がありますが、その後はずっと高額な定額プランが強制されます)

さて、キャリアメールアドレスをやめて GMail に移行したのですが、大きな不便が発生。
docomoのメールならネットに繋いでいなくても新着メールがあったかどうかだけは分かったのですが、GMailの場合は何も分かりません。

そこで、IFTTTというサービスを使って、GMailに新着メールがあったらSMSで知らせるというやり方にしました。
調べてみると便利なサービスがあるんですね。感心しました。
英語なので難しいですが、分かりやすく解説しているサイトがいくつかあって助かりました。

しかし、よく見たら、SMSを送ることが出来るのは月に10回までって… 残念。
この記事のカテゴリ: スマホ関連 ▲PageTop